おすすめの任意売却の内容をみておきましょう

住宅ローンをかかえたまま、ローンの残債務が支払うことができなくなる人はかなり多くいます。その場合には、抵当権者である銀行は、抵当権を実行して、住宅ローンの対象となっている物件を競売にかけることになります。競売にかけられれ、落札者が決定すると、当然、折角購入した自宅は手ばなさざるを得なくなります。ところで、落札金額は、市場の不動産売買のおよそ40パーセントから80パーセント程度の値しかつきません。したがって、落札金額では、残債務をすべて処理することができないことが多くなります。抵当権を実行されて、競売という流れになった場合には、落札金額で不足した残債務は、その後、一般債権となって、債務者の上にのしかかってくることになります。また、競売にかける場合には、債権者側には、別途100万円近い経費がかかってきます。当然、この金額も、残債務に上乗せされることになります。競売という手段を通した場合には、このように残債がいつまでも残る事態になる上に、さらに返済するための条件が厳しくなり、立退料なども高くついてしまうことになります。そこで、利用したいのが、任意売却という方法です。

ここでおすすめの任意売却という方法は、競売と同様に、結局、自宅を失うことになる点は同様なのですが、残債務や、返済条件、立退料などが圧倒的に、債務者側に有利になるのです。なぜでしょうか。それは、任意売却の場合には、不動産業者が代理人となって債権者と交渉をしてくれるのです。つまり、残債務の交渉や立退料、引越の時期などをすべて交渉してくれるために、圧倒的にことを有利に運ぶことができます。ローンの返済が滞ってしまうと、任意売却を不動産業者がもちかけてくれても、なかなか意を決する気持ちになれないものです。そのうち、背後では、競売が近づいてくることになります。競売開始決定通知が届いても、そのまま入札期間が終了し、開札、落札という流れが進んでいく中で、何もせずにいる債務者もたくさんいます。しかし、これは、債務者側に、実際には、競売が任意売却に比べて、大きく損をするということが分かっていない場合が多く、また、代理人に交渉に入ってもらうことが面倒だという気持ちが働く場合が多いようです。しかし、結局、残債務がいつまでも残るような形にすると、将来の生活設計が難しくなることが火を見るよりも明らかです。

住宅ローンの返済不能においては、とるべき手段として、まず任意売却を選ぶことをまず考えておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*