自己破産せずにすむ任意売却について書いてみました。

近年は、突然の怪我や病気、失業、収入源などで一戸建てなどの住宅ローンの支払いが滞ってしまい夜も眠れず、悩んでいる方が増えています。そのまま放置をしておくと、家などの住宅は競売にかけられてしまい債権者に債務を支払う必要があります。多額の債務がある方で、自己破産せずにすむ任意売却をしたいと思っている方は、信頼できる弁護士や司法書士に仲介に入ってもらい債権者と根気強く話し合うことで、住宅を任意売却すること進めてくると思います。

任意売却のメリットは、競売に比べると高い価格で売却することが出来るので、住宅ローンが売却価格を下回っていると債務を帳消しにすることができる場合があるので、自己破産を回避することが出来ます。ほとんどの方の場合は、不動産を売却しても、売却額よりも住宅ローンの債務が残ってしまう場合が多いです。債務が残っていても大幅に減らすことが出来るので、自分の努力で返済を続ける方が多いと言われています。また、銀行や信用金庫などの債権者と根気強く交渉することで、月々の返済額を1万円から、2万円程度にしてもらうことができるので、債務を返済しやすくなります。残債務を一括で返済することができる場合は、早めに返済してしまうと楽だと思います。競売の場合は、債権者の信頼を得ることが出来ないので残債務の月々の返済額が3万円から5万円と高額になりがちです。大切な保険や自動車、貴金属などの資産を失わなくて済みます。自己破産は、最終的な手段で、債務を帳消しにすることが出来ますが、7年間はクレジットカードを作ることができないなどの様々なデメリットがあるのでなるべく回避をするようにしてほしいです。住宅ローンの債務が支払うことができず、悩んでいる方は、放置をせずに信頼できる司法書士や弁護士に相談することが大切です。

迅速で丁寧な応対のスタッフが揃っているので、債務に関する悩みを解消するためにアドバイスをしてもらうことが出来ます。銀行や信用金庫などの債権者と、根気強く話し合って債務を完済しやすくしてもらうことが出来ます。経験と実績が豊富な信頼できる専門業者に依頼するようにしてほしいです。任意売却をすることで、住宅ローンの債務を大幅に減らすことが出来るので、残債務を返済しやすくすることが出来ます。競売にかけられてしまうよりも、債務者や債権者の両方に多くのメリットがある方法なので利用するようにしてほしいです。残りの債務は早めに完済するように努力してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*